渕川税理士事務所は地元や近県の中小企業・個人事業主に対して税務のみならず、事業承継や起業支援など経営全般に至るまで懇切丁寧に支援を行っています

私共の仕事は、単に記帳の代行や申告書の作成だけではございません。記帳などから出てきた数字をいかに細かく紐解いて、より簡単な形で提供するべきか。出てきた数字と背景にある時代の潮流とを照らし合わせて、どのような方向へ経営の舵を切るべきかという事を重点を置き事業承継・相続対策・資金繰りなどのあらゆる起こりうる諸問題に対して、経営の羅針盤としてクライアント企業の隣で一緒に寄り添う形で解決できたらと考えております。
特に事業承継並びに相続対策については、ただ単に課税負担が少ないからという事で選択肢を妨げるような方法をとることがありがちです。しかし、課税の負担を行ってでも守るべき「先人の思い」を大切にしないと企業の経営理念が揺らいで、企業の成長が伸び悩んでしまうという事も多々見受けられます。また、引き継ぐべき後継者が、今後、どういう形で経営を展開していくべきか、むしろ既存の慣習の打破を考えている場合には、「先人の考え方」を土台にして後継者の方向性に沿った形を考えなければなりません。
このような「先人の思い」と「後継者の方向性」と「課税リスク」をいかにリンクさせた形でコンサルティングを行うかという事を当事務所では目指しております。
そのような形に対応するべく、当事務所では相談を受ける際には、基本的には税理士2人体制でお伺いしております。それは、同じ税理士でも捉え方が違う場合があるからです。当事務所の場合、税理士業界45年のベテラン税理士と税理士登録10年超の若手税理士では考え方も問題の捉え方についても相違があります。2人で相談を受けることで様々な視点を検討しながら現在置かれている環境・業界の動向をも踏まえた上で、提案を行っております。
税務会計顧問
あらゆる税務書類の申告書作成を行います。
また、税務署からの連絡や照会に対しては、当事務所が積極的に対応させて頂きます。
財務コンサルティング
毎月クライアントを訪問し、会計データあるいは帳簿が通帳や請求書・領収証により適切に処理されているかを確認します。
創業支援
これから起業する経営者、もしくは起業したばかりの経営者にとって、業務を軌道に乗せることで精一杯でなかろうかと思います。
相続対策・事業承継業務
税制改正による基礎控除の減額により、相続税の対象者は格段に拡がり、もはや相続は他人ごとではなくなりました。